手と、白黒のテスト

2018-0923k03.jpg

次の場面の手のスケッチ。

以下、試行錯誤制作日記。

-------------

今描いてる羊の村も2ヶ月以上過ぎて、制作スピードが鈍い。
何故か。

一番の原因は、水彩絵をがっつり描いてることだよね。
でも、次のはギャグコマなのに、手やポーズを調べてがっつり描いちゃうんだよね。
さすがにこの内容でがっつり描いて、24枚(×3コマずつ)は疲れてきた。

ので、考える。

スピードアップは今のスタイルだと無理。
ミリペンなら…。
色鉛筆なら…。
もっと早いのに。

そうだ、昔(…つっても半年くらい前)は良く、ラフマンガ描いてたな。
ので、ちょっと試しに描いてみた。

2018-0923k01color.jpg

おぉ、早いぞ。(/・ω・)/

-------------

スピードアップのために、白黒グレーで描くというのが、
普通の漫画描きさん。わたしは普通じゃない。
白黒難しそうって言ったら、冗談でしょ、的な扱いだったもんな。(;´Д`)

なので、できてやらないのと、できなくてやれないのは違うなって思って、
一応印刷する時の事を考えて、なんかいろいろ読んでみた。
ペンタブも買ってみた。アプリでスクリーントーンみたいなものを貼ってみるテスト。

2018-0923k02モノクロ2階調50白黒2

左上は色鉛筆。
白黒ニ階調で、鉛筆が綺麗に出ないということは分かった。
グレースケールとは違う。

ソフトも覚えちゃえば効率的…かも。


…しかし、なかなか覚えられませんな。


あんまりPC時間は増やしたくないので、
PC編集時間を減らすなら、全部手描きで描く方がマシ。

シールみたい物理なスクリーントーンを、画面に貼り込む。
普通の漫画描きさんが普通にやってる事。
わたしにとっては初画材だな。

あぁ…それも面白そうだな。( ;∀;)
注文した。Amazon。明日来る。
関連記事
ハイハイミミ
Posted by ハイハイミミ
投稿 2018年09月24日
最終更新 2018年09月24日

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply