2018/09/19 12:00 .

ギザギザナイフについて調べてみた

2018-0917k02a2-300.jpg

前回の絵で、ナイフはギザギザの方がカッコ良いだろうなって、
ノリでギザギザにしてしまって、
その後ふと、何のためにギザギザなんだろうと調べてみた。


のこぎりナイフ、サバイバルナイフ、とも言うらしい。
武器より工具なナイフ。

2018-0918knife02.jpg


19世紀は塹壕ほりの工兵の銃剣に。補助工具兼武器。
20世紀のパイロット脱出用工具。
WW2以降、特殊部隊のサバイバル道具。

ギザギザな銃剣で突き刺すと、傷跡がヒドイことになるので、
この銃剣持ってる工兵が捕まると、ものすごくヒドイ目にあう。
ぶるぶるっ。

一般的に流行り出したのは20世紀ベトナム戦争以降。
映画のランボーの影響。

それ以降ファッションナイフ化。
強そうだってゲームとかで流行る。
武器としては弱いけど、かっこいいから持ってる。
戦闘経験のないチンピラ君が所有する傾向なんだそうだ。
ふ~ん。

2018-0918knife01.jpg


販売サイトに銃刀法違反だから注意してね、とか書いてあるので、
そっち系もざっくり読む。
『刃体の長さが6センチメートルをこえる刃物の携帯の禁止』、
例外は、ハサミやカッター、果物ナイフ、業務目的。

森や山で使うなら、猟、漁、植物採集系。
木の幹は無理で、枝に切れ込み入れて折るって感じ。
ロープやツタはからめて切るが、専用道具があるならそっちの方が良い。
獲物の解体・筋キリなどほか、魚の鱗とりに便利って書いてあった。

2018-0918knife03.jpg


チンピラくんだからファッションナイフでもいいかって思ったけど、
鞄に入ってるのは羊飼い用工具だよなっていうことで、
普通のナイフに修正。
2018-0918k04.jpg
関連記事