2018/07/01 00:55 .

ラストで迷う

2018-0629p02-1000.jpg

この絵を描いてたらノリノリになってしまって、
最初に考えてたラスト数コマへの印象が
がらりと変わるので迷ってる。

この絵を活かして他の数コマを変えるか、
この絵をボツにして、このコマをもう一枚描きなおすか…。

暑くて考えがまとまらないのじゃーーー!!(;´Д`)

2018-0630p01.jpg

立って泣くか、座って泣くかで、また印象違うと思うんだよね。

関連記事
2018/07/02 01:30 .

(32)追う

2018-0701p01a-400.jpg

去る人に対して反射的に追おうとする…。




気が付いたらほとんど進まず2日経ってしまったな。(´・ω・`)

そうこうしてるうちに、注文した紙が来たーーー!!!
紙は水彩描きにとって最重要かもしれない。

普段描きは、お値段ほどほど、早描き・普段用に、Winsor & Newton社のコットマン紙、細目。
白っぽく軽く描きたい時は、ムーラン・ドゥ・ロワ紙、細目。
逆に濃く描きたい時は、Water Ford紙。

会社名がキャンソンなのかマルマンなのかやや謎。
輸入仲介がマルマンで、キャンソンが会社名か?


で、今日のこいつは、ムーラン・ドゥ・ロワ紙、極細。
THE NEW。

この、ムーラン・ドゥ・ロワ紙がここ1年くらいのお気に入りなのだよ!
極細は初。特別な特徴はまだ感じないけど、
欠点なくていいんじゃないかな。

細目の紙の、やや気になる点、
表面が柔らかく、消しゴムで毛羽立つ気がする、インクを吸うとか。





サイズがいわゆるFサイズ、B版A版どれとも違う、独自路線が謎。

って思ってたら、
どうやら規定水彩額サイズらしい。
余白均等に額装できますよ、ってことなのね。

そんで額装して発表しろって事なのね。(・´з`・)
関連記事
2018/07/03 03:12 .

(33)雨が止んだのに

2018-0702p05a.jpg

つまづいて、拾う。


2018-0702p06a.jpg

追ってはいけないんだ…。
自分は彼を拒んだのだから。


2018-0702p06b.jpg


なんだか泣けてきた。




プロット考えてる段階で、最後に泣くというイメージがあった。
自分で話作って、OKって描きはじめる癖に、
絵の細部を詰めていくと、理解できない事が時々出てくる。


改めて、女の子がどうして泣くのか考える。


立って泣くのか、しゃがみこんで泣くのか、
立って泣くなら睨むように仁王立ちなのか、
倒れそうに柱にもたれかかるのか。

しゃがんで泣くなら、がっくり肩を落とすのか、
ただヘタレ込むのか、
空をあおぎ見るのか。
顔を手やショールで隠すか、否か、
などなど。


動作で感情は表現できるし、
感情で動作が変わるから、
やっぱり感情と理由を押さえないと絵が描けない。


彼女が泣く理由としてまず、最初に思ったのは、
逃した魚は大きかったかな(笑)ってヤツ。


『高慢と偏見』原作&映画&BBCドラマのリジーは、
そういう感じにも読み取れるんだよね。
NHKの100分de読み解く、を見てると、
その読み方はあながち間違ってもないらしい。


ブリジット・ジョーンズなんか完全にそういう感じだったし。
理想の男性(お金持ちで紳士)、かつ数少ない求婚者だから、
気が合わなくても、無視できないし逃したくない。


だから、ここで彼を追っかけて、
『やっぱり結婚OKです!!』って彼女が言えば、
もしかしてハッピーエンドじゃね??


それもいいか、って思ったんだけど。(*´▽`*)


うちの女の子はその要素は意図して除いてたから、
今回はその案はボツ。
今となっては、『高慢と偏見』とは完全別人だしね。


じゃぁ、この子は、
シチュ的に、コワイ思いをして、あるいは緊張から解かれて、
思わず泣いちゃうのかな??


一番彼女に好意的で、かつ希望がありそうな捉え方としては、
あの不器用な男が示した愛情を、一応受け取ったって事なのかな。


『アタシさぁ、あのお金持ちの人に求婚されちゃったわー♪
 どうせ結婚できないのに、おかしいわよねぇ♪♪』
とかはならないwww。

あ、ジョゼフィーヌ嬢(人妻?)が、ナポレオンから熱烈すぎるラブレターを貰うたびに、
字が読みづらいのもあって、友達と回し読みして笑い者にしてたって話を思い出した。


うむ。繊細な男なら打ちのめされそうだけど、
めげないナポはエライな。(; ・`д・´)


---


自分勝手で不器用な情熱に痛めつけられて、
手もイタイが胸もイタイ。


---

初期スピッツの
『君に傷跡をつけたい』的な歌詞とか、
RCサクセションの、
『君を傷つけたけれど、僕は乱暴者じゃないよ?
 優しくだってできるさ』とか。

エレカシの初期にもあるな、
『俺が死んだら、立派な墓を
 悲しい墓を、立ててくれ』

明るめのロックの音にのせて、口当たりいいけど、(エレカシ以外は)
女子的にはちょっとコワイ歌詞だな、と思ってた。
どうして男衆からこういう歌詞が出てくるのか。


今回の話を振り返ってみると、
女の子を泣かせるという、ホントは男としてはしてはいけないコトと言われるけど、
無視も、流したり、嘲笑もせず、
自分の存在の重さを知って、彼女が泣いてくれるのなら、
彼にとっては本望で、想いが成就したと言えるかもしれない。
関連記事