Welcome to my blog

(142)別れの抱擁

ハイハイミミ

ハイハイミミ

2018-0113p02a.jpg


ちょっっ
どさくさに紛れて何してんのアンタら……!!


多分お貴族様は部屋に従僕や使用人がいても気にしない。
彼らは黒子だから。人の数に入らない。


フェルゼンは単に泣きたくなって肩を借りてるだけかもしれないし、
お嬢は肩を貸してるだけかもしれないけど、
そうじゃないかもしれない。


従僕氏の位置からは何も分からない。







いやー風邪ひいちゃったよ!!(≧▽≦)
1日12時間くらい寝ちゃったよ♪♪
2日描かなかったら、なんかペンがもう言う事聞いてくんないのね。


こんなシーン描こうとしたから、従僕氏の呪いかもしれない。


明日は小さいコマなので頑張るぜ。
関連記事
最終更新日2018-01-14
Posted byハイハイミミ

Comments 2

There are no comments yet.
あまがえる  

キタ━━━━∑(゚◇゚///)━━━━!!!
し、心臓にワルいぜ!!☆
ものすごい、密着度の高い抱擁だわ〜〜〜♪
このデッサンのプロセスが気になるデス

2018/01/14 (Sun) 00:22 | EDIT | REPLY |   
ハイハイミミ  

ハ・グ!ハ・グ!!

いやね、ハグっていうか『抱きしめる』ための手をGoogle画像検索してたら、
哀しい、喜び、愛おしい、苦しい、熱狂的、などなど、
あらゆる感情をハグで表現できる気がして、スゲーな…と思ったよ。
普段は自分の手参考にするんだけど、背中に回した手は位置的にも無理だから、写真参考にしてみた。野郎の手はデカイ。
デッサンプロセスはそういやいっぱいあるよ。ラクガキレベルが。
そのうち載せるね~~。(*´Д`)

2018/01/15 (Mon) 00:52 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply