BOTSUHAJI

ARTICLE PAGE

(57)体験からすると

2017-0617-20p3a.jpg

真面目に語ろうとしても、聞き手がこの娘だからなぁ。

彼女の体験からすると、強い人はコワイ人で、
言葉の抽象的な意味なんて、よく分からないから混乱しちゃう。


ちなみにゴリラが一般的になるのは、19世紀になってから。
おぅぁ…。(; ・`д・´)
関連記事

5 Comments

でこぽん  

予想外の展開だった。この娘相手だと、こうなるのか〜(* >ω<)。
連休のうちに、多少は体休めました??

そうそう、私根っからの"ヅカ"ファン(ヅカが塚になってた。だっせー)
エリザベートをしかもドイツ語で歌ってるですってー!
チャレンジャ〜だ!!低音、喉が何かクォーってなってしんどいし。
テッパンだけど、”愛と死の輪舞”と”闇が広がる”がたまらなく好き♪♪

2017/07/18 (Tue) 05:49 | EDIT | REPLY |   

あんぴか  

「可愛いゴリラ」を想像してみる。
・・・意外と愛嬌あるぞ!(*^▽^*)

でもなんか毛深そう。( ゚д゚)ハッ!

2017/07/18 (Tue) 20:48 | REPLY |   

ハイハイミミ  

>あんぴかさま
いやー、酷い事言ってるよね!!!!あの気高く美しいオスカル嬢の事をゴリラ呼ばわりするなんて、わたしゃなんて酷いセリフを思い付くんだ!!!!
…と頭を抱えて、本日は怖くてPCに近づかないようにしてたのですが、カワイイゴリラもいるかもしれない♪って言っていただけると、うぅぅ、あんぴかさんフォローの鬼や…と感涙したのでございます。ども。(*´Д`) ゴメンね。

……金の毛のゴリラですね。神々しい…www。

>でこぽん様
2012年ウィーン版DVD音源べったりなので、実は、愛と死の輪舞は、知らないのだよ!!(≧◇≦)
確か、宝塚verが初出で、それからウィーン版に入ったんじゃなかったかな。最近のにはあるらしい。

英語もドイツ語もイタリア語もフランス語も、ハナウタレベルで歌いたいだけで、読み書きはいっさいできんのだよ!音で丸暗記な感じだから、発音も意味も分からないし楽器パートも全部歌っちゃうよ。

2017/07/18 (Tue) 22:14 | EDIT | REPLY |   

まことのはたけ  

お嬢は彼女の中では想定外の存在だから致し方なし。

彼女の中の自由な女は自分なのだろうから。
自由と奔放はちと違う。

でも自分に素直なのは一緒かな。
アンドレ、落ち込まなくていいよ。
これも個性の違いなんだから。

2017/07/18 (Tue) 23:39 | REPLY |   

ハイハイミミ  

ありがとうです!従僕氏は多分大丈夫。深刻そうにしてても、ぷぷっってどこかで思っちゃった。笑ったもん負け。(*´Д`)

この娘は多分女中経験があって、どこぞやの女主人に鞭でぶたれたことがあるに違いない。強くて力持ちの大女も見た事ある。遠目で見て、ちょっと怖い人だったのかもしれない。
今は誰にも仕えてないので、自由っーか、かなりお気楽。若いうちはOKってヤツ。小銭が尽きなければやっていけそう。メシはパレロワ内で食べる。安くてウマい食堂も知ってる。誰かに奢ってもらったりもする。

2017/07/19 (Wed) 00:58 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment