2017/06/25 00:00 .

(39)夜のカフェ

2017-0624p.jpg大きな画像で見る

今日も楽しく色塗ったぜ(^◇^)
水彩で夜風景、重ね塗り難しいかなと思ってたけど、予想よりはいい感じ。
光源がちと謎。赤い服はスイス兵を参考に。


フランス革命で国王軍がみんな逃げちゃった時、
外国人のスイス傭兵部隊が盾となって死んだ。
嘆きのライオン、一度描いてみたいと思ってる。

暴徒から王妃のいる部屋の扉を守ろうとした使用人もさくっと殺されちゃう。
ツヴァイクのマリーアントワネット読んだ時、一番哀しかったのはこの場面だった。
使用人に同情しちゃう…。



そういや描いてて本当に何度も思うのは、この時代の灯りはなんだろうという事。
例えば夜オペラ座でとか舞踏会とか、シャンデリア、全部ろうそくなのかな?暗くない?
パリ~ベルサイユ間の街灯もあるみたいだし。オイルランプ?
レミゼ時代(1832)だとガス灯だけど。

革命前の繁華街パレロワは、色とりどりの灯りで照らされ…とか記述もあった。
電気も実はあるみたいなんだけど、化学室で実験段階なのかもしれないし、
よく分からない。



あと、パレ・ロワイヤルは昔からあるんだけど、
周辺繁華街の事もパレ・ロワと言っていたらしい。
呑み屋も娼館もある。
18歳でうんぬんは、こっちのパレ・ロワなのかもしれない。

新しい商店街パレロワは、パレ・ドルレアンとか特別に呼ばれたり、
単に『庭』と呼ばれたりしてたみたいだ。
猫みたいに、この庭に住み着いてる人もいそうだな。
関連記事

足跡コメント、残してみて下さるとうれしいです!!


非公開コメント




わお、色がついたら途端に現実ぽくなる!
真上から明かりがてらしてそう(*'▽')

パレロワ猫(人)は、いつもごちそうにありついてて、丸々してそうだ( *´艸`)
夜のお庭ですね。回廊(お店)からの灯りに照らされてる感じに観れます。
脇を通り過ぎてる彼女がデコルテ出してる~。
奥の御客が待ち人ですか?

フランスの外国人傭兵部隊はず~と現代までつながっているそう。(人種は様々)
ベルに振られたガストンって傭兵かしら?
元々軍隊(兵士)が少なくて。貴族出身ばかりの将校が多くてアンバランス。
だから7年戦争も苦戦?
革命時,隣国との戦争時でも徴兵制にするとかって話の時に国民の中からも大反対があったり。

外人部隊って,なんかハードボイルドな話ですね。
全く関係ないデューク東郷さんのお話が浮かんでしまいました。

「海の上のピアニスト」「戦場のピアニスト」
ピアノ弾けないからピアノの映画ばっかり大好き。
イヤホンで聞いててどうやっても独りもらい泣いてます。(笑)
はじめまして。
いつも楽しく読ませていただいています。なかなか読書の時間がとれないので、本の話題が出てくると参考にならります。馬車が買いたい!!も借りてみたいです。

灯りの話題が出てきたので、以前読んだサイトさん参考になればとコメント残します。すでに読まれたかもしれませんが、三上効さんのパリの光というページがあります。

これを読むと夜な夜なパリへ夜遊びとか黒い騎士とか、色々考えてしまいます。アントワネットさまは現代のお化け屋敷に行く感覚の道を通って夜遊びしていたのかとか。黒い騎士、燃えるぞ!とか。

長々失礼しました。
>あんぴか様
猫、いるかな?いる気がするんだよね!!
カフェで文無しは、金持ちの話を聞いて褒めちぎって、コーヒーやトーストを奢ってもらうらしいよ!

>まことのはたけ様
ふふっ。待ち人だったのか、ナンパなのか…。何しろ夜のパレロワだから。

ピアノ、いいですよねぇ。うっとり。わたしはそこからピアノコンサート映像youtube住人になっちゃう。ラフマニノフとか。のだめから始まったニワカですが。

ははは。嘆きのライオン彫像の絵がね、描きたかったりして。(≧▽≦)
歴史小説で活字だと合戦は華ですけど、ちょっとリアルな描写や映像画像が来ると、途端にギャーッと怖がるわたくしなのです。きっとお話や絵は描けないな。成りきって眠れなくなっちゃう。
夜な夜なメソメソ泣いちゃうぞ。(;´Д`)
>すもも様
はじめましてーーー!!!コメントありがとうございます!!
鹿島茂氏の『馬車が買いたい!!』は図書館で借りて面白かったけど、19世紀フランス小説の主人公が馬車を買う、という仮定エッセイなので、読んでない主人公で分からないところがあると、ちょっぴり悔しい。

『パリ、娼婦の館』も一緒に読んだのですが、こっちも面白かったです。何もかもへーって感じ。統計と共感。つか、鹿島茂氏、凄すぎ。

パリの光、三上氏のサイト!!ご紹介ありがとうございます!!!!!知らなかった!面白かった!
1763年からオイルランプで、各段に街が明るくなったって書いてある!!そうだよねぇ、ろうそくでパリ~ベルサイユ間街灯で照らすのは大変すぎだものねぇ!!!!あ、レミゼ時代もこれだったのか!!
いやぁ、今日もまたひとつ賢くなりました。オイルランプは権力の象徴かぁ。ガブロッシュがぶっ壊して回るんですね!(≧▽≦)