Welcome to my blog

その頃のお嬢さま(4)

ハイハイミミ

ハイハイミミ

2017-0610wa01.jpg

何なら肩でも揉みましょうか。



2017-0610wa02.jpg



2017-0610wa03.jpg



2017-0610wa04.jpg



2017-0610wa05.jpg



2017-0610wa06.jpg



2017-0610wa07.jpg



2017-0610wa08.jpg

関連記事
最終更新日2017-07-08
Posted byハイハイミミ

Comments 3

There are no comments yet.
あんぴか  

お嬢様の立場に立って、フェルゼン伯の態度に憤慨するも
当のお嬢様になだめられ・・・

こんどは孫のことが気の毒になってきて、
ホントに気の休まる時が無いよね!(^^)ばあや…♡

2017/06/11 (Sun) 09:11 | EDIT | REPLY |   
まことのはたけ  

男女間の友情
永遠のテーマ?
 
でも,お嬢だったら,フェル伯もジェロさとも垣根を越えて互い尊重しあういい親友に馴れそう。

従者君は彼らより,お嬢の(頑張るキャリアウーマンの)強い面も弱い面も
…逆に(時より見せる)素顔の女の子の姿も見ているから,切なくて難しいのかな。
上の2人よりかなり高~い垣根だしね。

ばあや,ホントに孫が可愛いんだな。
原作では「諦めなさい。」と諭したことはなかったと記憶してます。
目の事だけは口止めしてたけれど。

2017/06/11 (Sun) 18:41 | EDIT | REPLY |   
hihimimi  

ばあやにとって、ハンスはどうも気に入らない。外国人なのも懸念要素?
お嬢さまを応援したり、反対したくなったり、孫を勧めたくなったり、
お嬢さまなら、もっといい条件の相手がよりどりみどりですよって思ったり、
他の男よりはうちの孫の方が全然良いと思ったり、
報われないのに諦めないでバカな孫だよと思ったり、入れ知恵を画策したり、実に忙しい。

どうしたいんだ。あっ、でもうちの母に似てる気がしてきた。

2017/06/12 (Mon) 01:28 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply