2017/06/08 00:18 .

その頃のお嬢さま(2)

2017-0607w101.jpg


ばあやがお茶を持ってきた。カップの数は3つ。
お嬢はずーーーっと一人でフェンシング練習をしている。

2017-0607w102.jpg



2017-0607w103.jpg



2017-0607w104.jpg


ばあやは政治に全然興味がない。
不在の二人のお菓子の方が心配だ。
考えた末、食べる権利が自分にあると思っている。
なのでむしゃむしゃ食べる。

お茶も二人分飲むよ。




スウェーデン・ロシア戦争は1788年~1790年。
フィンランドの奪い合い。
スウェーデンは1780年代ずっと軍備増強して、機会を狙ってたらしい。

フランスは同盟国として協力を要請されたけど、革命前後なのでそれどころじゃない。
おかげでスウェーデンは同盟国なしで、一人でロシアに仕掛けて戦った。
そんで一応勝った。

しかしやっぱり戦争とは金がかかるものなのであって、
スウェーデンの強国としての名声はとどろいたが、
国庫がスッカラカンになって、その後とってもとっても大変だったらしいよ。

関連記事

足跡コメント、残してみて下さるとうれしいです!!


非公開コメント




ばあやの胸がいつもあったかくて柔らかい
そのわけは・・・

余ったお茶とかお菓子で出来ているからだ!(*´▽`*)
ばあやの胸が、いつもあったかくて柔らかい
そのわけは・・・

いつも余ったお茶や、お菓子をいただいてるからなんだ!(*´▽`*)
連投ごめんなさい!(*ノωノ)
きゃっきゃっ。ばあやの謎がひとつ解けた♪
ふとましい体に親近感を覚える今日この頃。

パスワード入れると後からでも編集できるみたいですよ♪