2017/05/13 00:00 .

(17)パレロワの女たち&雑学メモ

2017-0512p01a-600.jpg


夢を見させてやってくれ。


1階は一般向けのお洒落なショッピング街、
2階には、ディープな賭場があり、キャッキャッとはしゃぐ女を連れて遊ぶ。
お金が続けばそのままお付き合い。部屋はすぐにご用意します、
バクチでスッても心配するな、高利貸しがそこにいる!




高級娼婦は教養もあって、裏サロンの華。
みんなガンガン貢いでいくよ!
出世できるよう、口利きもしてくれそうだ。

お金持ちの夫人とお近づきになった男は、
学費や仕事の資金援助を受けたりする。

パレロワより時代が前だけど、ルソーとか。他にも大勢。
ヴォルテールとか、ボーマルシェとか。
パトロン夫人の愛人をきっかけとして成功するということは、
珍しくも恥ずかしくもなく、割と普通だったみたい。






以下、よく分からなかったことに対する、突っ込みと戯言。






19世紀のパレロワ図版で、人が30人くらいいる絵で普通に回廊内を歩いてる、
ここにいるドレス着てる人はみんな娼婦です、とか解説があってさ。
ぶったまげ。
いやいや、それはちょっとなくなくない?普通に見えて全員そうなの??


そしたらフランスwikiで、パリ人口は推定60万人なんだけど、
『18世紀後半、パリには4万人の娼婦がいた(女性人口の13%)と推定されています。』
https://fr.wikipedia.org/wiki/Prostitution_en_France

以前読んだ、パレロワ2000人説、
多分フランスwebをめちゃくちゃ翻訳で読んだから勘違いだろうと、
一日1万人の観光客で?比率的にも無理じゃない?さすがに多すぎない?
って、頭から決めつけてたけど、まさか…ね…。


現代日本の感覚で考えるせいか、頭が痛くなってきた。


いやいやいや、それよりまず、
18世紀の娼婦の定義がどうなっているのか、そっから考えるべきなのか。

経験あるのに結婚してないのが娼婦、結婚すれば○○夫人、
単純にそういう分け方だったりして。

女優、ダンサー、歌手は、娼婦のカテゴリーに入れられちゃうんだよね。
街の貧しいお針子ちゃん(グリゼット)たちも。
酒場の給仕のお姉ちゃんはどっちなんだろう?

もう見た目が大人で、夜に外出したり、遊んでるっぽい人は、
みんな娼婦と呼ばれてたのか?





………………………………(´Д`) =3。



レッテルの定義なんかどうでもいいや。
調べても想像しても分からない事は、あっしには分からない事でヤンス。







疲れてきたので、楽しいノーテンキ系のエピソードを。
男たちから見たパレロワ。

若くて可愛くて利発な娘もいっぱいいて、あらゆるタイプの娘がいるんです、
カタログもあるんです、好みの娘が必ず見つかる、
パレ・ロワイヤルに、パリ中の男たちは一度は夢中になってるはず!
夢中になりすぎてヤバイんじゃないか!お金が続かないよ!

19世紀の観光客、うっとりとした日記。
ノーテンキwww。
しかし彼は高齢な叔母と来てるらしい。その後はどうなったのか。


最盛期パレロワは、バルザックが克明に描写してるらしい。
でも5pくらいしか読めなかったよ…。バルザック。


『パリの夜』に出てきた娼婦に対し、レチフは蔑視したり買うわけでもなく、
道で情報交換し、婦人扱いはしないけど、友達感覚だったのが印象的。
貧乏なのは皆同じ、それなりにたくましく生きてる感じがした。




とにかく18世紀後半-19世紀前半は、「娼婦の黄金時代」だった。
それを象徴するパレ・ロワイヤル。

1836年に政府が賭博と売春を禁じると、パレロワの活気は失われる。
彼女たちがいないんじゃ面白くないのか、1階の商店街までに廃れたらしいよ。

関連記事

足跡コメント、残してみて下さるとうれしいです!!


非公開コメント




hihimimi様の興味深いお話。
楽しくてうれしいです。

需要と供給(笑)
江戸時代の日本も似たようなもの。
洋の東西交流が有って無いような・・・しかし,なんか通じますね。

宗教も哲学も倫理・道徳もあるのにあえてそっちに通じていると粋で,教養人と重宝。
何か人間臭いですね~。いや,深い。
娼婦(娼妓)は教養人でもあり,したたかで処世術にも長けてるのが高級。
千差万別で興味津々にもなります。(江戸時代の吉原然り)
男性って変わんないのね。

現代・・・?色々あり過ぎて,もっとしっちゃかめちゃかかも。
昔の人から言わせたら,余裕が無さ過ぎに見えそう。無粋。
カオスはどっちだ?
・・・不毛に近いので深く考えるの私もやめときます。(笑)
面白いですね~。

けけけっ。なんか、婚活してるだけの町の女の子に見えてきた。相性のいい人がいれば結婚する。貴族や金持ちの女の子は、親の決めた人と家同士の結婚になるから血筋を確実に残すために恋愛禁止になっちゃったのかも。

フランス語wikiをgoogle先生が訳すと、結構表現がスゴクって、『彼女たちが狩りをしている』って訳されたりするのね。なんか可哀想イメージが全然ないヨ。ハンターだヨ。