2017/04/27 00:05 .

パレロワに行くなら

2017-0426p-a01.jpg


従僕氏がひねり出す究極の妥協案。


2017-0426p-a02.jpg



2017-0426p-a03.jpg



2017-0426p-a04.jpg



2017-0426p-a05.jpg



いろいろとヒドイな。(;´Д`)

---

しばらく出かけるので、5月3日ごろにまた。
番外編は終わりで、本編へ戻る予定だけど、
最初のパレロワ風景が大変そう。
建物ガチではあんまり描いた事ないんだよね。頑張ろうっと。


そうだ、今、東京都練馬区美術館でやってる
「19世紀パリ時間旅行 失われた街を求めて」に、パレロワの図版があって
いろいろと間違っていた想像を訂正した。
美術展というよりは、歴史資料展かな。メインは19世紀だけど。パリの街の変遷。


絵より文字量の方が多くて疲れたけど、結構面白かった。
版画って想像より全然ちっちゃいんだなぁ。本と同梱だからそれくらい。
ものすごくびっちり描き込んで。

レミゼ挿絵コーナーもあったよ。


関連記事

足跡コメント、残してみて下さるとうれしいです!!


非公開コメント




結局,男性陣の事情が勝るという事ですね。
そういうところはお嬢の自覚が無いというよりは,
受ける疎外感が悔しいのが勝っちゃうのでしょうか?
男性として生きてきたし。気の毒ではあります。

「殿方だけで,どうぞ楽しんでらっしゃい。」ってな,マダム的な余裕は・・・ムリか。

東京都練馬区美術館の情報,お知らせくださってありがとうございます。
早速ググって見たいと思います。
フェル伯、お嬢と張り合って負けるのを回避の巻・・・(*´ω`*)
黒装束のお嬢も魔女っ娘ぽくてキュートでしたが
お留守番決定!!

どうぞ楽しい連休を!
いってらっしゃい~(^^)/シ
>まことのはたけ様
ガールズトークできるのは、ばあやしかいないしねぇ?男社会で男装して生きてるだけなのに、結構ムツカシイんだな。そっちに焦点あててもなんかお話いっぱいできそうだ。

練馬区美術館の今回の展示は、多分相当マニアック。フランス文学研究者の鹿島茂コレクション。なんか資料研究中、文章だけではわからない細部を、版画見たらあぁなるほど!ってノリで、18~19世紀パリの街を描いた版画コレクターになってしまったそうだ。ファン昂じて研究者ってスゴイ。小説書いたりする時に参考になる一次資料かも。マニアック。

>あんぴか 様
ぶーたれてお留守番~~。これから当分男しか出てこないから、絵的に色が茶色と黒ばっかりでどうしよう。

お嬢の服は最初、アニメ35話のベルナールにアベイ牢獄解放演説を頼む、お忍びオスカル様の服装を参考にしてたんですけど、うちの子はすぐ女の子ってバレちゃうな。プリケツのせいか?

--

連休お出かけ先は、昔住んでた田舎の家の大片付けだ。ぎゃーす!( ;∀;)
今回の4編を、ピクに早くまとめたい。だいぶご無沙汰だし。少しセリフは変更する予定。ではでは~~。
このコメントは管理人のみ閲覧できます
ははは。一生懸命やってます。(^◇^)