2016/11/29 00:53 .

フェンシング(18) ~怒りだす

p13a.jpg


何故かだんだん腹が立ってきたフェルゼン伯。





友達というよりは軍隊部下健康管理のノリなのか。
それでも心配してるに代わりはないか。見てるよ!って感じ。





以下、失敗談話。


今日は1p やるぞ!って頑張ったんだんだけど、
下段にもう一コマあって、フェルさんがムキムキ怒ってるんだけど、
なんかね、絵がコワくなっちゃって、見てらんない。

下描きではカワイク怒ってるんだけど、
ペン描きしたら、めちゃくちゃ必死で、目がイッちゃってて怖いの。

この人結婚したらDVとかしそう…みたいな怖さ。ふとしたきっかけで爆発!みたいな。
きゃー、ブルブルッ。ヽ(゚Д゚)ノ

そう思ったら、とっても怖くなっちゃった…。
狂乱の場もいいかもだけど、描き直すよ!






フェルゼンは王妃処刑後、
『愛想のない暗い人間になってしまった』 みたいな記述があるから、
じゃぁ、元は明るく陽気な人だったんだな、って感じで、イメージが始まってる。

『民衆を憎み、強圧的な振る舞いが多くなった』 みたいな記述もあるから、
じゃぁ革命前のこの頃は、市民にシンパを持って、貴族社会に若干疑問を持つ、
流行の自由主義カブレだったんじゃないかな。7年もアメリカにいたことだし。
5年かもだけど。

ちなみに元ベースのアニメの25話は、
首飾り事件直前なので、たぶん1785年ごろ。
独立戦争は1775年スタート、1778年フランス参戦、1783年終結だから、
フェルさん参戦は5年間、その後2年ほど熱病にやられてフラりフラりという話、
計算あってるかな!?(≧▽≦)


独立戦争が終わった後、王党派は追放同然、みんなアメリカから逃げ出したみたいなのね。
フェルさんも王党派だろうから、アメリカに長くはいられないのかもね。

関連記事

足跡コメント、残してみて下さるとうれしいです!!


非公開コメント




原作だと描かれなかった時間が多いし、アニメはあれよあれよとお話が進むので、
フェル伯の不在ってあまり実感なかったのですが・・・
そんな長期間いなかったのに二人の絶世の美女に忘れられもせず、再び愛されるとは・・・!

アンドレ君、弟子入りして勉強しなくちゃ!!('◇')ゞ
>アンドレ君、弟子入りして勉強しなくちゃ!!('◇')ゞ
ふふふっ。(*^_^*) だったらいいなぁ!
二人の美女、どっちもゲットしちゃうかなぁ!

アニメアンドレとフェルが会話してるとこって、ほとんどないんですよね。
王妃落馬事件の時と、アメリカ従軍前の「パリの安酒場へ連れてってくれ!」のところと、帰国してこの滞在期間中だけ…かな?

でもこの、「パリの安酒場へ連れてってくれ!」がオスカル様抜きでなら、当時すでに親しかったのか…。
あぁ、所詮妄想。日々捗ります。