2016/11/23 21:46 .

フェンシング(16) ~ アンドレのブチ切れ方

p11違うんだcolor


なんかもう、秘密に耐えられない。
お嬢のためにも、言わなくちゃならない気がしてきた。












以下、たわごと。











もし、この貴族の二人が結ばれたら、
実は悪くないんじゃないかな、って。
イヤだけどさ、
消極的な選択肢なら、
悪くはないんじゃないかな、と、従僕氏…。


彼女にとっては想い人だし、
家庭に入らず仕事を続け、
夫婦揃って王宮直属軍の各隊長でイケそうだし、
なんだかんだ言って、従者として彼女の側にはいられそうだし、
フェル伯は王妃さまに好意を寄せつつ、
それを理解できる人と結婚して、まぁ、恋じゃなくても、
両家は繁栄するかもしんない。



…って、従僕氏が本気で思ったこともあるかもしんない。



酸欠で頭がおかしくなってる。いや、むしろ揺さぶられて決意したのかも、
もう、あれだよ、奥手のお嬢のために…。
誤解のままだと嘘をついてるみたいで耐えられない。
自分に正直ではないんだけど、誠実でありたい。






…しかし、自分に正直な伯爵は、他人の話を聞かない人なのであった。






関連記事

足跡コメント、残してみて下さるとうれしいです!!


非公開コメント




そうか、本意ではなくとも、オスカルの幸せと、両家のためには・・・

ある程度年齢を重ねてくると、「キタコレ正解‼!」ぐらいに正しい判断かも・・・(';')?
二人が離れずに、ずっとずっと一緒なら、それもいいかも・・・

なんて、言わせね~よ!!( `ー´)ノシ☆(by フェルゼン伯?)
このコメントは管理人のみ閲覧できます
ややっ、コメントありがとうございます!

>なんて、言わせね~よ!!
ホントだよ!うちのフェル伯の身勝手度を舐めんじゃねーぜ!

なんつって。身勝手な人って自分結構好きかもって気がしてきた。リアル世界でですね。

非公開コメントさんもありがとうです!!
原作アンドレさんって、そういえば毒ワイン事件とかあったなぁ。全然忘れてた。(;´Д`)

その気になったきっかけは、あの本じゃなかったっけ…。ヌーベルなエロイーズ!
そんな影響力ある本なのか。危険な本じゃないか!若きウェルテルの悩みと同じくらい危険だな!
マリリン・マンソンなんだな!時間捻出して、続きを読まなければ!!