2016/10/24 11:07 .

ジュリは新しいエロイーズちゃん

ベルばら原作で、オスカル様を泣かせた小説、「ヌーベル・エロイーズ」。
これ、読んでみようかなー、と買ってみた。

新エロイーズ

今、1巻、読み始め。割と面白い。
つか、笑える。笑いまくれってる。(゚∀゚)
声に出して晒してみたい、クラスメートのラブレターって感じ!!




「ヌーベルエロイーズ」、原題は「ジュリ、または新しいエロイーズ」、
文庫本名は「新エロイーズ」。作者ルソー。

エロイーズってのはエロスとは全然関係なくて、
エロイーズちゃんっていう女の子が出てくる有名な悲恋小説が15世紀くらいにあったらしい。

新しい恋愛小説書いたよ!泣けるよ~~!!
登場人物は過去のファンタジーとかじゃなくて、現代の本当にあった話(かも)だよ!

ここで言う「新しい」「現代」とは、ルソー基準。1760年くらい。

現代を生きるジュリちゃんは、新しいエロイーズなんだ!
面白いから見て!!面白いと思わなくてもいいから見て!見るべき!見なさい!
現代人なら読むのが義務であろう!!という、メタメタな序文から始まる。
序文1も強烈だが、序文2もあって、また長い。
飛ばそうと思ったら、
「飛ばしても文句はいいませんが、うんぬん」と、メタいこと言われる。
が、やっぱり早く本編読みたいので、序文2は飛ばすね!

新エロイーズ

ちょっ…、本編は1行目から、これ……wwwwwwwwwwwwwwwwww
めちゃくちゃうざい愛を語る。あんまり面白いのでメモとった。意訳。

この調子で初っ端から10pくらい突っ走って、
自分がいかにあなたを想って苦しいかを語って、手紙1終わる。


新エロイーズ

それからすぐ、手紙2、手紙3と連投。

鬱陶しいでしょうが許してください、とか叫びながら、連投。

もう生きてはいけませんから、あなたの元を去りたいのです、さようなら!!と
同じ言葉を何度も何度も綴りながら、
やっぱ自分の意志で去ることはできなかったです、
あなたが叩きだしてください、僕ぁもう…!と
玄関先で蹴り飛ばしてほしいと言わんばかりのマゾな懇願。


久々に見た!
近代ヨーロッパの男たちの女神礼賛!
過剰な美辞麗句!
青年にとって娘とは、神に近い存在なので、崇めてる時はいっさい手出しができない!
地上に引きずり降ろして汚さなければ、恋人にすることはできないという矛盾!背徳感!


大 連 発 ! ! ! ! !


草生えるというの?初めて生やしてみたい気になったよ!!wwwww




主人公のサン・プルー(家庭教師、男)が、
なんで急にラブレター(この言葉がすでに古い)を書く気になったかっていうと、
お嬢さまと手がぶつかって、ときめいちゃったらしい。

偶然手がぶつかって…。
何度も何度も手がぶつかってしまうのです…。不思議にも…、って、感じ。


こんな調子で手がぶつかって、いやいや、やましい気持ちはありませんから、
わたしは貴女のために高潔でありたい、
あなたの名誉を汚すような欲情なんか抑え込みます、
だからだから安心してください!
私はあなたの父のような、兄のような保護者になるですよ!って宣言したあと、
次の手紙はもう、どうしよう、我慢するのツライの……と来る。

あなたはなんで欲情しないの…?僕だけツラいの不公平じゃない…?

で、三回出すと一回くらい返事が来る。「落ち着いて下さい」的な。

ジュリさん、さすが!官能に流されない淑女の鏡!我が天使!
僕だってこんな試練、耐えてみせます!高潔な人になりますよ!!と感激した後、

やっぱりツラいの…。(※以降繰り返し)

---

序盤からこんなんじゃあ、進んだらどうなっちゃうんだろう、とか思ってたら、
なんか突然、初チューした直後の手紙が出てくる。

恋人の…というよりは、他にも人がいるし、儀礼的なキスでもあるんだけど、
もうサン・プル―君、大興奮!

「あ、あなたのくちびるが!!くちびるが!!
 わわわわわたしにふれてぇぇぇぇぁぁぁぉぉぁあぉ!!!」みたいな。

あ~ぁ。(//>ω<)





ジャン・ジャック・ルソー。
ルソーのエミール、学生の時に読んだ(授業で必須だった)けど、説教臭く大嫌いだった。
鼻持ちならない理想主義&机上の空論ばかり言う学者先生だと思ってたよ!

こんなに愛嬌のある、騒々しい人だとは知らなんだ!!
つか、本人そのまんまだよね、これ?

大のおっさんが真顔で、
「あぁ、神々しい女神、身体ではなく魂が美しいからあなたは輝くのです!!
 全世界を敵にしても私は、私はあなたを…!」
みたいな、恥ずかしい文章を書いてるかと思うと笑える。

…と思ってたら、作中人物に、
「僕の話、大げさだって、あなた笑ってるでしょう、僕も恋を知らない昔はそうでした。
 そのうち笑えなくなりますよ!」
とか言われちゃった!


メタだ!


とりあえず4巻まである。長そう。濃そう。
今、1巻半分くらい。気長に読む。

関連記事

足跡コメント、残してみて下さるとうれしいです!!


非公開コメント




このコメントは管理人のみ閲覧できます
お時間あるときに是非このヌーベルエロイーズをhihimimiさまの絵で拝見したいです!
このコメントは管理人のみ閲覧できます
こうゆうの絵本化したら面白そうですね!ルソー熱量のちょっぴり貰って!(≧▽≦)