2016/10/08 23:59 .

晩餐(2) ~おわり

呑み会突入!

いつのまにか強そうな酒の瓶が。男たちは呑みすぎ。
戦術指南をしたりするバカ笑いの彼は、仏軍ラファイエット候の副官…かな。
酔っぱらってっから、いっか。

とりあえずこの話は終わり。

---




以下、あとがき




---

オスカル様は、片恋でもきっちり一人ずつ、な人だから、
フェルゼンはさっさと去った方が、踏ん切りついていいかなぁ、と最初思ったんですよ。
それに完璧超人でスキがなさすぎだから、ドジっ子になればアンドレが飛んで来る!
これはクスクスラブラブ展開になるぞって。

どうせフェルゼンは、二人が抱き合ってても全く意に介さないし。

アンドレも、チャンスがあればやりますよ!って、ノリだったのに、
誰かを泣かせたり押しのけてでも、所有権主張しますよ!ぐらいの漢気(?)というか、
覚悟や強引さあってもいいかなぁ、とか、思って、
まぁ、アンドレはそれでもいいかもだけど、
オスカル様がぜ~~~~んぜんその気になってくんない。

無理にやるとブラビリと同じ、ヒドイ気持ちになりそう。
そう思ったら、なんか笑えなくなっちゃった。

だから、オスカル様から寄り添う展開になって欲しいな~~~と。
アンドレ君と共に願ったり、作戦会議をしたりしています。

それにね、やっぱね、大事な友人は切り捨てない方が、いいんじゃないかな。
それでなくても、すぐ疎遠になってしまうしね。

---

アニメではフェルゼンが帰還して晩餐後、
翌日はアンドレとフェルゼンがフェンシングや乗馬で競争したりして、
一緒に遊んでる。

別にアンドレも嫉妬でメラメ~ラとか腹に一物ある感じ、とかじゃなくて、
なかなかに楽しそうだったよ。

だからきっと、夜中に酒呑みながらしゃべり通して、
良き友人になったに違いないよ!

---

…なんて事を想像した、隙間のお話でした。

日刊マンガだ!ライブですよ!
一応全体図はあったんだけど、描くたんびに意味が変わるよ!!
ブレブレとも言う。(;´Д`)

毎晩夕食後に1pずつまとめて、早朝仕上げ。
でもまぁラストまで描けた!初めてか?? わーい!!(≧▽≦)

読んでくださった方、コメント下さった方、ありがとう、ありがとうです。

関連記事

足跡コメント、残してみて下さるとうれしいです!!


非公開コメント